蚊トンボの落ちないブログ

主にSL230でのツーリング日記です。

7/6から北海道に行ってきます。

 

お久し振りです。蚊トンボです。

もう夏ですね。梅雨にも入っちゃいましたね。

 

突然ですが7/6から7/14までの9日間、北海道に行ってきます。

プランはボヤァっとは考えてますが、ほとんど決まってません。

大洗からの往復フェリーチケットだけは予約済みで、宿は一切確保しておりません。

全体的にGoogleMapに保存した場所に寄れたら寄る、くらいの適当なプランです。

 

内容としてはキャンプ・温泉・林道を中心に考えていますが、そこも当日の天候や台風次第でしょうね。

 

あとこのツーリングに向けて色々とバイク用品を買い込んでしまったので、ツーリング後に多少使用感を伝えられたらなと思います。(ボーナスをかなり注ぎ込んでしまった…)

 

上記の期間に北海道で白いSL230がいたら十中八九私だと思うので、万が一見かけてしまった場合は気軽に「落ちろ蚊トンボォ!!!」と声をかけてくれると喜んで落ちます。

 

とりあえずそんな感じで。

ではまた。

 

f:id:ka-tonbo:20190629034422j:plain

 

 

群馬林道ツーリング

あらすじ

しばらく天気が良かったので、ちょっとしたノリで群馬の林道に行ってきました。

今回の走行距離は、ほぼ下道で600キロちょいです。

 

f:id:ka-tonbo:20190609225703j:plain

Road to 痔持ち

 

f:id:ka-tonbo:20190609232229j:plain

 

朝4時出発。

一応冬ジャケを着ているけど、気温的にはそこまで寒くない。

だってもう6月だし、初夏だよねー。

なにはともあれ、群馬へ向かうために国道17号線で北上します。

この道、交通が結構スムーズなので好きなんだけど、熊谷とかその辺りで畑の肥料が臭うので毎回笑ってしまう。くさいものはくさい。

 

f:id:ka-tonbo:20190609233337j:plain

 

群馬県道62号沼田大間々線です。

山の間を通っていて、かなり走っていて楽しい道でした。

 

…ん?

 

f:id:ka-tonbo:20190609233345j:plain

f:id:ka-tonbo:20190609233350j:plain

 

おっとっと。

工事の看板は少し手前からあったけど、見通せないカーブの先で車が詰まっているとは…。

安全運転は大事ですね。

 

f:id:ka-tonbo:20190609234638j:plain

f:id:ka-tonbo:20190609234642j:plain

f:id:ka-tonbo:20190609234646j:plain

 

そのまま狭いトンネルやらダムを走ってたら、栗原川林道の追貝側入り口に到着。

栗原川林道は追貝側・根利側の2ケ所入り口があるそうですが、自分が行った時は根利側が通行止めだったため、途中の皇海山登山口で引き返すことになりました。

栗原川林道

f:id:ka-tonbo:20190609232234j:plain

皇海山(すかいさん)なんですね…。(こうかいさん)だと思ってました…。

f:id:ka-tonbo:20190609234700j:plain

まだ舗装路

f:id:ka-tonbo:20190609234704j:plain

急に北海道感を出してくる

f:id:ka-tonbo:20190609234716j:plain


来ましたァ!新鮮なダートだ!!!
途中素掘りのトンネルや切通、水場もあるよ。

 

f:id:ka-tonbo:20190609235644j:plain

f:id:ka-tonbo:20190609235640j:plain


追貝側から皇海山登山口までは約19km。

反対側まで走れれば40kmほどの林道が楽しめるらしい。

今回は来た分帰ることになるので、距離的には同じくらいか。

 

f:id:ka-tonbo:20190609235648j:plain

f:id:ka-tonbo:20190609235655j:plain

 

登山口付近の様子。

途中すれ違う車がいなかったのに、ここまで来たらかなりの車が停まっていてビックリ。

ビクスクで来てる猛者もいるし…。

通行止めは根利方面への道ですね。

機会があったらいつか完抜けしたいなあ。

 

f:id:ka-tonbo:20190610001444j:plain

 

 

 秋鹿大影林道&万沢林道

お次は秋鹿大影林道と万沢林道です。

自分は東側の秋鹿大影林道から行きました。

 

f:id:ka-tonbo:20190610003216j:plain

f:id:ka-tonbo:20190610003212j:plain

f:id:ka-tonbo:20190610003205j:plain

f:id:ka-tonbo:20190610002938j:plain

ちょび髭(きたない)

割とフラットな路面が多く、気楽に走れてGood

途中舗装路があったけど、その先から万沢林道に入ったのかな?

万沢林道も秋鹿大影林道と同じような路面でした。

でも、最後の区間が1kmほどの超フラットロングダートで気持ちいい~!!

なお動画は撮れてませんでした()。

 

とりあえず今日やりたいことは終了。

でもこの時点でまだ13時前。

今から帰れば18時前には家に着けるけど…もったいないな。

 

ということで思い付きで毛無峠へ行きます!

なんかあの辺いつも火山の影響で通行止めしてる気がするけどダイジョブっしょ!

行ったことないからわかんねーけどさ!!(謎の自信)

 

f:id:ka-tonbo:20190610003003j:plain

f:id:ka-tonbo:20190610002958j:plain

 

Googleマップさん、ご案内ありがとうございまーす。

でもここ通行止めだし、無事に毛無峠に着ける自信もない。

回り道をして着実に進む方法にします。

Googleマップ、無能!

 

f:id:ka-tonbo:20190610010028j:plain

f:id:ka-tonbo:20190610010032j:plain

 

お、良い道じゃーん。

国道292号、日本一標高の高いところを通る道路らしいです。

走ってる時は「へえ~、高いんだあ」くらいしか思ってなかったので、日本一高い部分は分かりません。もったいねえ~!!!

 

f:id:ka-tonbo:20190610010036j:plain

f:id:ka-tonbo:20190610010040j:plain

クソ威圧感のあるバイク乗り達。

迷いつつ走ってたらここ、「滋賀草津高原ルート」なんですね。
やけに景色が良いと思ったらそうか…。

 

f:id:ka-tonbo:20190610012644j:plain

f:id:ka-tonbo:20190610010052j:plain

 

検問おじさんに「どちらまで行かれますか?」と尋ねられたので、「万座温泉の方まで…」と答えたらそっちは大丈夫とのこと。

よし、万座温泉へはこの道であってるな!(誘導尋問)

 

f:id:ka-tonbo:20190610010056j:plain

色んな警告と消えてゆく視界

f:id:ka-tonbo:20190610010100j:plain

f:id:ka-tonbo:20190610010110j:plain

f:id:ka-tonbo:20190610010115j:plain

 

バイクはこの先に進めないので、右折して万座温泉の方へと山を下ります。

しばらくゆっくり降りたら、温泉街へと出ました。

毛無峠まであと少し!

 

f:id:ka-tonbo:20190610020118j:plain

毛無峠入り口はこんな感じ

f:id:ka-tonbo:20190610020122j:plain

f:id:ka-tonbo:20190610020145j:plain

f:id:ka-tonbo:20190610020243j:plain


毛無峠、とうちゃーく!!!

 今までネットで見るだけだったものが、目の前にある!すげえ!

ほぼ舗装路ですが、最後の区間だけ未舗装になります。

オンロード車のバイクだと、ちょっと怖いかもね。

でも不可能ではない程度。

この時の時刻は17時ちょうど。

1,2台とはすれちがったけど、ほぼひと気がありません。

しっかり堪能できました。

 

f:id:ka-tonbo:20190610020251j:plain

f:id:ka-tonbo:20190610020234j:plain

 

あとは本当に帰るだけです。寄り道はしない(強い意志)。

ここで帰りのルートに問題が。

ナビを見ると、帰り道はさっき来た長野側から、またグルッと回って帰れと言ってる。

それがイヤなら万座ハイウェー(有料道路)で群馬側へ抜けろと。

ここまで来て有料道路か…と思ったけれど、この道を使えば1時間半ほど早く帰れそうなので万座ハイウェーを通って帰ります。

 

f:id:ka-tonbo:20190610020255j:plain

 

ん?ここは…。

 

f:id:ka-tonbo:20190610021956j:plain

 

去年の12月に来て、冬季通行止めで断念したところ…。

冬の草津はバイクで来るところじゃないから行っちゃダメだよ!(経験者談)

 

f:id:ka-tonbo:20190610022442j:plain

 

嬬恋村のパノラマラインに戻りますが、今回は我慢して帰宅です。

そもそも寄り道しなくても到着は23時か日付変わりそうなカンジです。

あと眠い。スゲー眠い。

なので山を下りたところの河川公園で晩飯を食べ、仮眠。

 

f:id:ka-tonbo:20190610020219j:plain

 

f:id:ka-tonbo:20190610020222j:plain

 

まっくらぁ~⤵⤵⤵⤵⤵⤵

 

エネルギーも休息も取れたのでここからはノンストップで無事帰宅!

今回は突発的かつ、かなりロングなツーリングとなりましたが、天気と温度が絶妙だったなと思います。

お陰で家に着く前でも、あと200kmくらいなら走れそうだな…とか思いました。

 

でも翌日筋肉痛で足がプルプルしてやばかった…。

次のおでかけは月末のキャンプツーリングかな。

 

 

 

GoProマウント3種レビュー

 

春が終わり、初夏が来たかと思ったら急に真夏がやってきて季節感ぶっ壊されますね。 

GW中はまだ寒さ対策をしていたというのに…。

 

そうそう、今回はGWツーリング中に粉砕してしまったネックマウントの代わりを探し、色々と試してみました。

 一番最初は粘着式のマウントを使ってみたのですが、メットの形的にきちんと接着できなかったので、着脱式のマウントを試しています。

 

今回紹介するのは

・クリップマウント

・ネックマウント

・ヘルメットマウント

の3つです。

 

ちなみに今回使用したヘルメットは「Arai ツアークロス3」です。

結果として個人的には「クリップマウント」が一番使いやすく、見た目もまとまりがあって良いかなと思いました。

以下はそれぞれに感じた長所・短所です。

かなり個人的な感想なので、参考になるかは微妙ですけどね。

 

クリップマウント (蚊トンボおすすめ!)

f:id:ka-tonbo:20190525192709j:plain

洗濯ばさみのように挟み込んで固定するタイプ。

自分はオフメットのバイザーに挟んで使用しました。

 

長所

・アダプターが無くてもカメラの角度に自由度があり、そのお陰で小さく収まる。

・取り外しが楽なので、コンビニに入る際にもサッと外して防犯対策も簡単。

・意外とバイザーが写り込まない(角度によるけど)。

・落下防止用のストラップ穴がある。

 

短所

・挟む部分は凹凸があるけどプラスチックなので、固定が少し甘い。(対策は後述)

・位置が高いので、メーター周りまで写そうとすると角度がかなり下向きになる。

・バイザーの上に着けると撮影してる感+チョンマゲっぽさが少し出る。

(分かり易いので煽り運転対策にはなるかも…?)

 

 

 

 

ヘルメットマウント

f:id:ka-tonbo:20190525192741j:plain

ヘルメットの前面に紐で固定するタイプ。

 

長所

・目線に近いので、一番見たままに近い。

・上手くいけば、シルエットは一番コンパクト。

 

短所

・視界の下の方に入るので少し邪魔。

・パチッと留める部分のプラスチックが脆そうで怖い。

・紐のせいでバイザーが完全に締まらないかも(ツアクロでは割と閉まった)。

・紐は左右で繋がっているので、左右のバランスを取るのが面倒。

・Vクロス用のノーズディフレクターを着けている場合は、外す必要があるかも(キツく締めると外れてくる)。

・ヘルメットの形状上、キチンと正面に向けるのが難しい。

・角度調整が難しく、アダプタを噛ませるとゴチャゴチャしてくる。

・クイックリリースマウントだけど、着脱時にズレるので再調整がダルい。

・正面にベンチレーションがあると切り替えができなくなる。

 

 

ネックマウント

ネックレスのように首からぶら下げて使用するタイプ。

気軽なチェストマウントみたいなカンジ。

 

長所

・手元やハンドル回りが写るので臨場感がある。

・他の人から見て、撮影してる感がもっとも少ない。

・店に入る時はキャップを着けるだけで良いので楽。

・上下の角度調整は自由度がある。

・着替えがチェストマウントに比べてすごく楽。

・結構前を向いたまま固定してくれる。

動きが少ないので、車載動画とかを作る人はメーターのモザイク入れが楽かも。

 

短所 

・ぶら下がってるだけなので左右にカメラが傾き、ときどき直す必要がある。

・オフロードに行くと飛び跳ねる。スタビが効いてないと辛いかも。

・視線に追従しないので、画の変化は少ない。

・よく見ると頂点部分が繋がっていないので、落下が超怖い。

・プラスチックが常に首に当たるので、首に何か巻かないと擦れて痛い。

・全体的に信用ならない作り。結果真っ二つになってます。

 

 

三種撮り比べ

全く違う状況のキャプチャですが、雰囲気だけでも伝われば幸いです。

クリップ・ヘルメットマウント時の下部にあるのは、ヘッドライトとフェンダーバッグです。

 

クリップマウント

f:id:ka-tonbo:20190525190845j:plain

ヘルメットマウント

f:id:ka-tonbo:20190525190834j:plain

 

ネックマウント

f:id:ka-tonbo:20190525190930j:plain

 

 

 

マウントの手直し

自分に合ったマウントを探すために、時には手を加えることも必要!

ここからは蚊トンボがマウントに手を加えた点をご紹介します。

 

クリップマウント

・挟む部分がプラなので固定が甘く、そのまま使うのはちょっと怖い

→ホムセンで1mm厚のゴム板を買ってきてクリップの挟む部分に接着しました。

 

f:id:ka-tonbo:20190525195120j:plain

このギザギザを…

f:id:ka-tonbo:20190525195200j:plain

こうじゃ!

これによって密着度が増し、使うのが怖くなくなりました。

さすがにオフロード競技や高速道路で使うには心もとないですが、普段の使用には不足がないレベルだと思います。

無加工ギザギザのままだと、デカールやペイントが痛みますしね。

f:id:ka-tonbo:20190525195400j:plain

加工しないとちょっと剥げる

 

 

ネックマウント

半年ほど使用していましたが、品質が酷いのでこの商品を使用する際は注意してください。何が酷いのかは下をご覧ください。

 

f:id:ka-tonbo:20190525204618j:plain

 

①よく見ると頂点部分が繋がっていないので、落下が超怖い。

 →二か所にリューターで穴をあけて、ゴム紐を通して対策しました。

 

②ナットが接着されていないので落ちてくる

→接着剤で対応。(2019年春モデルでは、インサートナットになったので解決しているらしいですね。)

 

③下の部分が抜ける→接着剤で対応。

意外なことに、この部分は下に引っ張ると抜けます(驚愕)

一応最初から接着されているみたいですが、回転してハマっているわけではなく単純に下から刺して接着しているだけなので、ある日突然カメラごと落ちてきます。

自分は買って2日後の信号待ちでスポッと抜けました。もし走行中だったらと思うと…。

 

④プラスチックが脆い→真っ二つ(諦め)

 

f:id:ka-tonbo:20190515191154j:plain

 

①の加工を行ったせいでもありますが、首にかける際に広めに開くとあっけなく壊れます。個人的にはネックマウントを大変気に入っていたのですが、強度的な問題は目を瞑れません。

他社製品を探してみても、ほぼ同じ製品にしか見えないし…。

誰か強度のあるネックマウントを知っていたら教えてくださぁい!!!(嘆願)

 

 

割と長くなってしまったマウントのレビューでしたが、何か参考になったかなあ…。

まあ、どれも中華製で安いので、気になるモノは試しに買って使ってみるのが一番だと思います。

もし何か良いマウント方法があれば、ぜひ教えてくださいね!

 

 

 

 

 

GW日本海側ツー final

 

長々と続いたGWツーの記事ですが、今回で一応ラストです。

まあハプニング(後述)があったせいで動画が撮れなくなったしね…。

とりあえずここからはペースアップ!

まとめちゃうので長いですよ。

 

4日目 山形県鶴岡市秋田県由利本荘市まで

f:id:ka-tonbo:20190515181955j:plain

 

この日は秋田までの短い道のりの予定ですが、時間が余るので朝から寄り道をします。

 

f:id:ka-tonbo:20190515184604j:plain

 

ん?

 

f:id:ka-tonbo:20190515184541j:plain

f:id:ka-tonbo:20190515184644j:plain

うわああああああああああ!

ここにGW一人水族館をキメている野郎がいますうううう!!!!

 

f:id:ka-tonbo:20190515184649j:plain

f:id:ka-tonbo:20190515184654j:plain

 

加茂水族館という水族館でしたが、クラゲは綺麗だったし、キタゾウアザラシはデカすぎてピングーのアレを思い出せて大満足でした。

連休じゃない日に、もっとゆったり観に行きたいですね。

 

f:id:ka-tonbo:20190515190541j:plain

 

さーて、出発しようか。ヌッ(ネックストラップ装着)

 

ベキッ

 

イメージ図

f:id:ka-tonbo:20190515191158j:plain

f:id:ka-tonbo:20190515191154j:plain

 

ベキッ

 

f:id:ka-tonbo:20190515191734p:plain

 

蚊トンボ「…」

 

車載動画打ち止めのお知らせ

 

首の下で片側がプラプラ揺れているネックマウントくんですが、確かにいつか裏切る日が来ると思える品質の製品でした。

しかしそれがこのタイミングで来るとは…。

なお隣にバイクを駐輪していたオッサンが一部始終を見ていましたが、恥ずかしかったので何事もなかったかのようにバッグに押し込みました(羞恥)

 

これ以降車載の動画は撮れず、iPhoneの写真のみとなります。

 

f:id:ka-tonbo:20190515185548j:plain

 

秋田に入るとけっこう残雪が残っていました。気温も少し涼しめ。

 

12時前に秋田の由利本荘市に到着。

4日目はここで終了!

実はこの秋田が実家の友人宅にお世話になります。

 

 

5日目 由利本荘市新潟市まで

f:id:ka-tonbo:20190515193045j:plain

 

友人の実家にて、久しぶりの美味しい手料理と布団で活力復活!

お世話になりました。

あと昨日ネックマウントくんを接着してみたら意外と固定できていました。

でも友人のご両親がいる前で再び粉砕したので、やっぱり動画は撮れないです。

この日は新潟市を目的地に設定し、途中でワインセラーに寄り道をします。

昨夜ご馳走になったワインが美味しかったので、自分用に欲しくなったんですよ。

 

で、出発!

今日は良い天気だけど、気持ち風が強いかなぁ…。うん。

 

f:id:ka-tonbo:20190515193954j:plain

 

クッソ強風。

実は蚊トンボのSL230は荷物を載せても多分120キロちょいで、運転手自身もヒョロいもんだから、死を覚悟するレベルで風に煽られて危なかった。

一応ちゃんと交通量の少ない道を選んでたけど、間違って高速にでも乗ってしまったらマジで空飛びそう。

 

f:id:ka-tonbo:20190515194004j:plain

 

なんとか山梨の高畠ワイナリーに到着。

駐車場で車の運転手が「風に煽られて今日は大変だよぉ~」とか言っていました。

そんな日にバイク乗るとかバカじゃないの?ンン?

 

目当てのスパークリングワインを手に入れて再出発。

もう寄り道をする場所はないので、ひたすら進む!!

 

 

f:id:ka-tonbo:20190515195629j:plain

f:id:ka-tonbo:20190515195634j:plain

 

18時半、新潟市到着。

佐渡に沈む太陽を見送りつつ、5日目終了。

 

6日目 私用

この日は新潟市にてお祝いの席に同席させて頂きました。大変有難いです。

ちなみにこの日のためにスーツ一式を持ってきていました。

ギッチギチのパッキングで皺が恐ろしかったのですが、なんとか着れる状態で良かったです。

 

7日目 新潟市→東京で帰宅

f:id:ka-tonbo:20190515200356j:plain

 

さあ、あとは帰るだけ!

何度も辛いと思ったロングツーリングも、最終日はいつも寂しいモノ…。

それでも天気は良く、下道でトコトコ元気に走ります。

 

f:id:ka-tonbo:20190515200623j:plain

 

新潟市近くの阿賀野市で停車がてらパシャリ。

そういえばワークマングローブの写真をまだ見せていませんでしたね。

右上の茶色いのがそうです。あまりオススメしません。

 

帰りはひたすら走ります。

大学時代に友人がマグナ50で奥只見を走ったというルートをトレースしようと思いましたが、いつの間にかフツーの村を通り抜けるルートになっていて只見の文字さえ見かけませんでした…。行きたかったのは樹海ラインとかいう道…なのかなあ。

これはリベンジ案件ですね。

 

そして16時半、東京の自宅に到着ゥ!!

 

f:id:ka-tonbo:20190515201036j:plain

f:id:ka-tonbo:20190515201031j:plain

 

家に着く20分くらい前から、目の前でクソデカイ落雷が数発落ちてクソ怖かった。

なんとか雨が降り出す前に家に着けて良かったですホント。

 

今回のツーリングの総評ですが、全体を通してそこまで雨が多い連休ツーにならなかったのは幸運だと思います。

なにせ北海道で雪が降ったり、関東はずっと雨だったみたいなので…。

自分も気圧と雨のせいで体調が優れず、6日目くらいまでお腹が緩すぎてトイレが友達な状態でボロボロでしたが、なんとか楽しみ切ることができたかなと思います。

 

 

8日目 荷物の整理、洗濯、整備

 

この日はお片付けです。

連休最終日はお仕事なので、この日のうちに荷物を綺麗に片します。

 

蚊トンボ「めっちゃ荷物入ってんなー」ガサゴソ

蚊トンボ「うわ、下にある荷物クッサ!!数日履いた下着かな???」

 

2日目以降濡れっぱなしのテント「やぁ」

 

かんっぜんに忘れてた…。

2日目の雨中野宿以来、臭いものに蓋をしたまま(文字通り)見えないフリを続けていましたが、ビニール袋で約1週間熟成させたテントはなんか異様なすっぱい臭いで存在感を強めていました。

 

f:id:ka-tonbo:20190515203749j:plain

 

ヴォエッッッッ!!!!

風呂入ってこいや!!!

 

f:id:ka-tonbo:20190515203754j:plain

 

暫く熱いお湯に浸し、洗剤+手もみ洗いで様子見。

(クンクン)

あ、臭いは割と取れた気がする…。

あとは日陰に干して乾燥させれば大丈夫なはず!ウン!

 

f:id:ka-tonbo:20190515203803j:plain

 

残り湯。

緑の染料が落ちたのもあるだろうけど、汚いなあ…。

結果として匂いは落ちましたが、丸洗いしたことで今後雨が染みるようになるかもしれませんね。

個人的にはすっぱいテントよりかマシだと思いますが、どうなんでしょ。

 

あとはシュラフやグランドシートを干したり、バイクの洗車をして完全終了!

 

f:id:ka-tonbo:20190515204750j:plain

 

 SLも初日に砂浜を走り、それからずーっと海側を走っていたので、しばらく塩が付いたままの状態でした。

それでもトラブルなく走ってくれて、頼もしかったです。

 

また今度どこかへ行きたいですね!

 

 

 

 

 

 

GW日本海側ツー part3


 3日目 午前中は雑務、午後から山梨県鶴岡市まで

 

f:id:ka-tonbo:20190507100206j:plain

 

GW3日目です。

夜から雨が降り出し、なにもかもビッショリ。

午前中はずっと小雨が降り続けるようで、今日は忍耐が求められそうです。

以下は今日のタスクリストです。

・薬を買う

・温泉に入る

・洗濯物を洗う

・髪を切る

・全部終わったら移動開始

 

f:id:ka-tonbo:20190507100716j:plain

 

とりあえず下山しよっか。

 

f:id:ka-tonbo:20190507104418j:plain

f:id:ka-tonbo:20190507104422j:plain

 

雨雨雨ェーイ(泣)

 

 この日は14時に髪を切る予約をしているので、それまでにちょっとした雑務をしておきます。

とりあえず、ドラッグストアにイグッ!!!(気圧に伴う片頭痛・食べ過ぎによる腹痛)

 

バファリン正露丸をキメて、しばし休憩。

あれ?さっきまで着けていた手袋どこいった?

あれれ?バッグの上に置いたはず。あるはず…。

 

防水グローブ紛失

 

予備のグローブはあるけど薄手だし、浸水するだろうな…。うーん…。

 

・グローブを買う ← New!!

やることが増えた。

 

早速ワークマンに買いに行く。

ここ長岡には大きなバイク用品店はない(無慈悲)ので、やむを得ない。

そもそも季節的に厚手のグローブは撤去されてるだろうし。

 

f:id:ka-tonbo:20190507113746j:plain

 

で、適当なやつを買ったのですが、手の甲のプロテクターの位置が悪くて人差し指の付け根がイタァイ。やっぱ安物はダメですね。

次は「ゆらいや華の湯」でお風呂に入ります。

 

f:id:ka-tonbo:20190507104409j:plain

f:id:ka-tonbo:20190507104430j:plain

 

風呂上がりに、お昼ご飯のアジフライ定食。

てか着替える時に気づいたんですけど、2日間下道で1000キロ走ったパンツくん、大穴が空いて非業の死を遂げていた。南無…。

 

昼食後、コインランドリーでさっきまで着ていたもの一式を洗濯(大穴パンツくん含む)。

乾燥まで済ませたらカットの予約にちょうど良い時間になったので美容室へ。

伸びた髪が邪魔だったので、切るタイミングがあってよかった。

 

カットが終わった時点で15時。

じゃ、これから秋田に向かうから。

 

f:id:ka-tonbo:20190513201102j:plain

f:id:ka-tonbo:20190513201106j:plain

f:id:ka-tonbo:20190507104413j:plain

 

辛いッピ…。

なんとか長岡から山形の県境まで来ました。

ほんと新潟はタテに長過ぎて進んでる気がしなかった。

と、ここまで来て眠気の限界が到来。

近くに屋根付きのベンチがあったので、30分だけスヤァしました。

 

~1時間半後~

寝冷え&雨 「やあ」

 

やってしまった…。

今日の疲労が予想以上にあったのでしょうが…。

今いる場所は日本海パークロードという道、らしいのですけど

 

・山と海しかない

・街灯はほぼ無し

・コンビニ?あるわけがない

・ウェットな路面

・80~90キロで車が流れてる

のがあと40キロくらい残ってる。

 

天気が良ければ良い道かもしれないけど、今ではなかった。

仕方がないので、濡れながら1時間くらい走って漫画喫茶へ入店。

時間も遅かったので、禁煙席もフラットシートも満席。

屋根があるだけマシかなと思いつつ、この日は終了。

かなり辛い3日目が終了です。

 

 

 

 

 

 

 

GW日本海側ツー part2

 
2日目 能登半島を一周→日本海沿いに新潟の長岡市まで

 

f:id:ka-tonbo:20190507072348j:plain

f:id:ka-tonbo:20190507072625j:plain

GW2日目。この日は能登半島を時計回りに走ります。

レッツゴー!

 

と、いいつつ出発早々狭い一車線の峠道で軽のOJSNと衝突しそうになる。

当方は徐行運転中だったのでなんとか脇の草むらへ回避。

朝一から行動不能になるところだったあぶない。

視界が悪い場所での低速運転、大事です。

ちなみに録画はしてたけど、カメラのキャップを着けっぱなしでした(照)

 

とりあえず本日最初は寄り道の猿山岬燈台!

海沿いの細い道を走ってたら偶然見つけちゃいました。

 

f:id:ka-tonbo:20190507073757j:plain

要約:鹿を落とす場所です。

f:id:ka-tonbo:20190507073752j:plain

要約:ここの水は美味しいけど、お金には勝てません。

灯台まで500mくらい距離がありますが、遊歩道は歩きやすいです。

でも思ったより坂の角度があって、ジャケット脱いでくれば良かった(モワモワ)

 

f:id:ka-tonbo:20190507073525j:plain

f:id:ka-tonbo:20190507073508j:plain

 

工事中…。

ガッッッッツリやってますね。

道中の景色は良かったしいいか、撤退。

 

f:id:ka-tonbo:20190507073459j:plain

 

その後も、可能な限り海沿いを通って半島の先端を目指します。

ずーっと左手に海を眺めながらゆっくりトコトコ。

 

f:id:ka-tonbo:20190507082658j:plain

f:id:ka-tonbo:20190507082615j:plain

 

道はなだらかなカーブとちょっとしたアップダウンが良いっすねこれ。

交通量も朝のためか割と少なく感じました。

良い道を求めている方は能登半島、アリですよ。

 

しかし所々一車線の幅しかない場所があったので、スピードを出し過ぎると危険。

前にいる車が遅くても、カーブでの追い越しとかはやめてきましょうね。

 

f:id:ka-tonbo:20190507083243j:plain

 

ってなわけで午前10時、道の駅狼煙の到着です。

ほえー、バイクばっかいるなぁ…。

 

f:id:ka-tonbo:20190507083411j:plain

f:id:ka-tonbo:20190507083416j:plain

 

ここは能登半島最北端の道の駅で、SSTR(サンセット・サンライズ・ツーリング・ラリー)でも特別扱いされている場所なんです。

前々からぜひ行きたいと思っていたのでけっこう嬉しい!

思ったより大きくなかったなあ。

 

そしてこれが本当に欲しかった…。

 

f:id:ka-tonbo:20190507085427j:plain

 

狼煙ストラップ!

最近こういうお土産を買うようになってしまいました…。

心情的には、倒した敵の頭を持ち帰る的なことなんですかね。

とにかく満足です。

 

(道の駅のすぐ近くに「禄剛崎灯台」という立派な灯台があった様ですが、ストラップに気を取られて行きそびれました。悔しい…。)

 

能登半島の回ったルートはこんな感じ。

行きの西側はかなり頑張って海沿いをトレースしたのがよく分かると思うので褒めて♡

狼煙から先の東側のは…ムリィ!なので快走路を使ってさっさと帰りまーす。

 

f:id:ka-tonbo:20190507085447j:plain

 

 

f:id:ka-tonbo:20190507090004j:plain

 

景色は綺麗だけど、海抜が低すぎて震える(小心者)

 

f:id:ka-tonbo:20190507090831j:plain

 

ひたすら国道8号線を北上。

 

f:id:ka-tonbo:20190507091007j:plain

 

18時、道の駅天領の里に到着。

 日暮れ前だってのに雛段の前にはバイクがいっぱい。

冬の長い新潟にも春が来たことを感じさせますね。虫かな?

 

この後長岡市へ向かって晩御飯を食べます。

今日一日まともにご飯を食べていないので、空腹に限界が来てヤバイ。

長岡に来たのはあのラーメン屋があるから。

でもGW中期間だし、ネットで調べてもこの時間営業してなさそうだけど…。

 

f:id:ka-tonbo:20190507091734j:plain

f:id:ka-tonbo:20190507091726j:plain

 

大勝利。

 

行ってみたら開いてました。

欲張って全部入りの中盛りにしたらお腹が破裂しましたが、幸せなので問題ないです。(この時は)

 

 てなわけで2日目終了!

 

 

 

 

 

 

 

GW日本海側ツー part1

 

あらすじ

 

みなさん、GWはいかがお過ごしでしょうか。

私は幸いにも9連休を頂きまして、日本海側をぐーるぐるして来ました。

後半は私情のために新潟市でゆっくりと過ごしていましたが、それ以外はほぼノープランという無計画な日々を楽しんできました。

 

今回の日程は以下の通りです。

1日目 東京→石川県の能登半島の付け根まで

2日目 能登半島を一周→日本海沿いに新潟の長岡市まで

3日目 午前中は雑務、午後から山梨県鶴岡市まで

4日目 鶴岡市秋田県由利本荘市まで

5日目 由利本荘市新潟市まで

6日目 私用

7日目 新潟市→東京で帰宅

8日目 荷物の整理、洗濯、整備

 

1日目 東京→石川県の能登半島の付け根まで

f:id:ka-tonbo:20190505142625j:plain

 

今回は長期のツーリングになる上、キャンプ道具+スーツ一式を持っていく必要がありました。ですが…

出発の数時間前になって、ようやく荷造りを始める始末。

(これ、本当に明日の早朝に出発するんだよね…?)と疑いながらも準備を行い、なんとか朝に5時出発です!

 

f:id:ka-tonbo:20190505130238j:plain

GWツー開始!!


 一日目の予定は山梨、長野、富山を経由しつつ、石川県を目指します。

ちなみに今回のツーリングはオール下道です。まあいつも下道ばっかりですが。

 

f:id:ka-tonbo:20190505133234j:plain

 

山梨の大菩薩ラインを通過。道が楽しい!富士山が綺麗!

山が良く見えるビュースポットがありましたが、やんちゃそうな車とバイクで一杯だったので余裕のスルー。 

 高架橋の下に美味しそうな小さい道が結構あったので、軽装備でまた行ってみたいなと思いました。

 

f:id:ka-tonbo:20190505135230j:plain

f:id:ka-tonbo:20190505135233j:plain

 

長野の道の駅、小坂田公園で一休み。

空を見るとなんか綺麗でした。環水平アークっていうらしいですね。

色んな人が目にしたんじゃないかな。

 

f:id:ka-tonbo:20190505133229j:plain

 

長野の山中を通りつつ…

 

f:id:ka-tonbo:20190505133631j:plain

 

ん?いまルート案内されてる峠、見覚えが…。

ここは旧安房峠、以前私が石川県から帰る途中に通った道で、深夜・濃霧・凍結のなか九十九折りを走らされた辛い経験がありました。そして今回は…。

 

f:id:ka-tonbo:20190505133638j:plain

 

通行止め。はいUターン。

ちなみに上にいた人々はみんなスキー板を持っていました。

下ってる途中にバイクの集団が駆け上がって来ましたが、スキーをするんでしょうかね?(挑発)

てことで他に道が無くなったので、中部縦貫自動車道(有料)を使って山を突っ切ります。

 

15時半、富山の道の駅、細入で遅めの昼飯。

駐車場に入る時、盛大なN芋で周りのライダーを威嚇()

どうしてやめて欲しい時だけNに入るの…ねえ…。

昼食は山菜うどんにしましたが、これが個人的に当たり。

大学の学食で食べたものに似ていて、美味しかった。

 

f:id:ka-tonbo:20190505143637j:plain

 

山を抜けて降りて来ると、田んぼがたくさん視界に入ってきます。

水を張った田に太陽が反射して綺麗。

そしてそろそろ今日の目的地…

 

f:id:ka-tonbo:20190505144927j:plain

 

なぎさドライブウェ~イ!

ここは簡単に説明すると「車で走れる砂浜」で、日本ではここ石川県にしか無いそうです。

世界でもこの場所を含む三か所でしか走れる砂浜はないのだとか。めずらしーい。

 

f:id:ka-tonbo:20190505150436j:plain

f:id:ka-tonbo:20190505150344j:plain

 

端的に言って、最高♡

濡れて色が濃くなっている部分はちゃんと固く、道路を走っている感触とほぼ変わらないので、オンロード車でも安心して走れます。実際いっぱい居ましたし。
あとみなさん写真撮影に夢中でしたが、夕方に撮ろうと思うと自然と逆光になってしまうので、気合いを入れて撮りたいときは午前中がベストだと思いますよ。

でも駐車するならスタンドに敷く板は忘れず持参&回収しましょう。

 

それと、砂浜の出入り時も気を付けて!

この辺りは海水を含まずサラッサラなので、楽しんで気が抜けたライダーはコケます。

自分は超コケそうになりました(恥)

 

f:id:ka-tonbo:20190505144939j:plain

イン側のフカッとした所に突っ込むとズルッと行きます


というわけでGW1日目の目的は終了!

日本海に沈む太陽を見届けて…。

良い天気をありがとーう!!!!

 

f:id:ka-tonbo:20190505152400j:plain

f:id:ka-tonbo:20190505152405j:plain

 

Q. で、宿は?

A.ない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:ka-tonbo:20190505152415j:plain